小野寺 史宜

イラストブックレビュー

知っているはずの人の「知らない部分」

『近いはずの人 』小野寺 史宜 (著)のイラストブックレビューです。愛する妻を失い、深い喪失感を悲しみに暮れる日々を過ごす北野。妻の携帯電話に残っていたメールは知らない男とのやりとりだった。一人の人間の死によってさざ波のように広がる悲しみと波紋をつぶさに描く物語です。