島本 理生

イラストブックレビュー

相手の痛みが理解できなくても想像することが大切

『ファーストラヴ』 島本 理生 (著)のイラストブックレビューです。女子大生が父親を殺害した容疑で逮捕された。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか。臨床心理士の由紀は彼女の心の底に隠されたものに迫ろうと、本人や周囲に取材を重ねていくうちに、彼女の過去が少しずつ明らかになっていく。