時代小説文庫

イラストブックレビュー

女ゆえに、女だからこそ得られる大きな幸せと試練

『あきない世傳 金と銀(五) 転流篇』髙田郁 (著)のイラストブックレビューです。大阪天満の呉服商、五鈴屋の六代目店主の女房となった幸。夫・智蔵の理解のもと、奉公人らと心をひとつにして商いを広げていく。だが、そんな幸たちの前に新たな試練が待ち受けていた。
イラストブックレビュー

なつめの成長とともに訪れる新たな試練

『子育て飴 江戸菓子舗照月堂』篠綾子 (著) のイラストブックレビューです。練り切りも好評でますます忙しくなった照月堂に、ある日隠居の市兵衛を訪ねてやってきた女性が。どうやらわけありのようだが…。
イラストブックレビュー

日々の料理は作る者の心を映し出す

『杏の甘煮 一膳めし屋丸九(三)』中島久枝 (著) のイラストブックレビューです。「一膳めし屋丸久」で、旬の素材を使った料理を作るお高。その丸久へ、かつてお高の父の下で働いていたという男がやってくる。
イラストブックレビュー

順調な商いと血を分けた姉妹の難儀な思い

『あきない世傳 金と銀(八) 瀑布篇』 高田郁 (著) のイラストブックレビューです。江戸紫に鈴の小紋染めが江戸の町の人々に受け入れられ、商いも順調な幸。そこへ、妹の結を見初めたという人物から縁談の話を持ちかけられる。
イラストブックレビュー

口の中で淡雪のように溶けゆく和菓子とは

『雪ひとひら 江戸菓子舗照月堂』 篠綾子 (著)のイラストブックレビューです。神無月。薬売りの親子、富吉が約束を過ぎても照月堂に姿を見せないことを心配するなつめ。そして京都の安吉から兄の噂を聞いたなつめは、驚くとともに、その恋心を理解する自分に気づく。
イラストブックレビュー

ほおずきが結ぶ縁はどこにつながっていくのか

『ほおずき灯し 江戸菓子舗照月堂』篠綾子 (著) のイラストブックレビューです。順調に売り上げを伸ばす照月堂とは対照的に、客足が遠のいている氷川屋。この氷川屋の職人菊蔵は照月堂へと移るべきかと身の振り方を悩みます。そんな菊蔵への恋の予感に戸惑うなつめですが…。
イラストブックレビュー制作動画

自分の居場所は自分で作る!

『跡とり娘 小間もの丸藤看板姉妹』 宮本紀子 (著)のイラストブックレビュー制作動画です。幼い頃、病弱のため品川で暮らしていた里久が帰ってきた。里久の言動や振る舞いに、母や妹は戸惑うばかりで…。テキストやイラストが出来上がっていく様子をお楽しみ下さい。
コラム

江戸のおすすめシリーズ本 2020年1月現在未完のもの

はじめに 江戸時代の物語は、ちょっと堅そう。読みづらいのでは、自分にはまだ早い、あまり興味ない。そんなことを思っている方に、ぜひ!おすすめしたい、江戸を舞台にした小説たちをご紹介します。シリーズもので、2020年1月現在も継...