歴史・時代小説

イラストブックレビュー

人の心に寄り添い、その心を震わす菓子づくりを目指す

『しのぶ草 江戸菓子舗照月堂』篠綾子 (著)のイラストブックレビューです。照月堂の主・久兵衛の菓子づくりの才能を警戒し、様々な妨害を仕掛けてくる上野氷川屋の主人・勘右衛門。その娘であるしのぶは、友であるなつめや照月堂の皆に申し訳ないと落ち込んでいた。しのぶに元気を出してほしいなつめはある約束を持ちかける。
イラストブックレビュー

フランスのお菓子は紫禁城に受け入れられるのか?

『親王殿下のパティシエール(3) 紫禁城のフランス人』篠原悠希 (著)のイラストブックレビューです。大清帝国第十七皇子・永璘お抱えの糕點師(パティシエール)見習いとして、北京で働く仏華ハーフのマリー。そんなマリーに永璘の妹である和孝公主が紫禁城へ上がらないか、と声をかける。
イラストブックレビュー

江戸を揺るがす陰謀の鍵は万葉集の歌に

『たまもかる 万葉集歌解き譚 』篠綾子 (著) のイラストブックレビューです。名高い学者であり、しづ子の歌の師匠でもある加茂真淵の家に泥棒が入った。狙われたのは、不可解な符牒が残されていた万葉集。助松、しづ子、真淵の弟子である千蔭は葛木多陽人とともに謎を解き明かそうとするのだが。
イラストブックレビュー

友情と師弟愛が菓子の美味さを深めていく

『親子たい焼き 江戸菓子舗照月堂』篠綾子 (著) のイラストブックレビューです。江戸は駒込の菓子舗、照月堂の職人見習いとして、厨房入りを許されたなつめ。主の久兵衛から教わった心構えは「誰しも己の才能を乏しいと感じる時が来る。だがそれを理由にたやすく道を離れるな」というものだった。その教えを胸に、餡づくりを一から学び始める。
イラストブックレビュー

「生類憐みの令」に隠された真意とは

『最悪の将軍』朝井 まかて (著) 集英社文庫のイラストブックレビューです。生類哀れみの令を制定したことにより「犬公方」と呼ばれ、その悪名が今に語り継がれる五代将軍・徳川綱吉。その真の人間像とはどのようなものであったのか。諸藩の紛争、赤穂浪士の討ち入り、大地震、富士山の噴火。次々と起こる再燃に立ち向かう男の、知られざる障害を描く。
イラストブックレビュー

温かな湯気から漂う 美味い飯と人情の香り

『浮世の豆腐 一膳めし屋丸九(二)』中島久枝 (著)のイラストブックレビューです。桜が散り、若葉が茂る頃、初がつおが出回りはじめる。一膳めしや丸久のおかみ、お高も楽しみにしている。そんな中、先代の頃から丸久で働くお栄は、友達と四人で割符の富くじを買ったのだが…。
イラストブックレビュー

万葉集から読み解く 父の行方とその心

のこ こちらは江戸時代、父が 行方不明となってしまった十一歳の 助松が、父の残した万葉集の歌を 手がかりにして探し出そうとする物語よ。 ぬこ 万葉集かあ。 お父さんはどんな仕事をしていて なぜ行方不明...
イラストブックレビュー

信長という「光」の陰で生き、死んでいった者たちのドラマ

『信長嫌い』 天野 純希 (著) のイラストブックレビューです。<!-- wp:paragraph --> <p>目の前にあった天下を獲れなかった今川義元、戦の魅力にとりつかれた真柄直隆、ひたすら逃げ続けた六角承禎、将軍殺しの悪名とともに生きた三好義継、戦さを好まず何よりも茶を愛した佐久間信栄など、名将・織田信長に苦しめられた者たちが懸命に生きる姿を描いた群像劇。
イラストブックレビュー

無敵のお姫様にぴったりのお菓子とは

『親王殿下のパティシエール(2) 最強の皇女』篠原悠希 (著)のイラストブックレビューです。清の皇帝の第十七王子・永璘お抱えのパティシエール見習いとして北京にやってきた仏華ハーフのマリー。だが新しく雇われた厨師たちは女性であるマリーが厨房にいることに納得いかない様子。彼らに認めてもらうためにはどうしたら良いのか、頭をひねるマリーだが。
イラストブックレビュー

「教養」が菓子づくりの武器となる

『菊のきせ綿 江戸菓子舗照月堂2』篠綾子 (著) のイラストブックレビューです。江戸は駒込の菓子舗照月堂で、女中として働きながら菓子職人を目指している少女、なつめ。厨房に入れぬ身ながら、菓子づくりへの想いは募る、大店の氷川屋からやってきたお調子者の職人、安吉を巡って、照月堂氷川屋と菓子勝負をすることに。