津村 記久子

イラストブックレビュー

仕事をするということ、自分と向き合うということ

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 (著) のイラストブックレビューです。燃え尽きた状態になって前職をやめ、しばらく休んだあと、とりあえず働こうと思い、紹介してもらった仕事は誰かを「見張る」というものだった…。
イラストブックレビュー

働くって、生きるって、いろんなことが絡まりあっている

『とにかくうちに帰ります 』津村 記久子 (著)のイラストブックレビューです。今ひとつパッとしないフィギュアスケート選手を応援するとき、職場のおじさんが文房具を返してくれないとき、台風で帰路の交通手段がなくなって徒歩で帰るとき。強く、切なくなるほどに家に帰りたい、と思うのだ。
イラストブックレビュー

「人間」を自由に、そしてユーモアを持って描く短編集

『浮遊霊ブラジル』津村 記久子 (著)のイラストブックレビューです。定年後の男性の自由な暮らし、ある女性作家が落ちた地獄、浮遊霊となって念願のブラジルへと向かう者。鋭いユーモアセンスと自由を感じる清々しい短編集。