浅田 次郎

イラストブックレビュー

小説家の人生は、驚きと笑いに満ちている

『竜宮城と七夕さま』浅田 次郎 (著)のイラストブックレビューです。ベストセラー作家が遭遇した、小説には書けない波乱の日常を綴るエッセイ。
イラストブックレビュー

それぞれに訪れる人生の春

『プリズンホテル〈4〉春』浅田 次郎 (著)のイラストブックレビューです。清子と結婚し、ようやく幸せになるかと思われた作家の孝之介。しかし、入れ替わるようにして育ての親、富江が行方不明に。今回も個性豊かな面々が登場し、笑って泣いての大円団を迎えます。
イラストブックレビュー

ヤクザは人々を癒す楽園を作り出すことができるのか?

『プリズンホテル〈1〉夏 』浅田 次郎(著)のイラストブックレビューです。ヤクザである叔父がリゾートホテルを運営することに。おまけに従業員たちまでもが手下のヤクザたち。果たしてこのホテルはお客を癒す場所となれるのか。