畠中恵

イラストブックレビュー

妖たちが草双紙の中に迷い込んだ!?

今日も床に臥している若だんなに代わって、妖である貧乏神の金次と付喪神の屏風のぞきが、主である藤兵衛のお供をすることに。趣味人が集まり、面白い書や巻物、絵を見せ合うその会合で、いくつかの絵巻や草双紙を持ち帰ることになったのだが…。
イラストブックレビュー

「未来が見える」って幸せなこと?

『てんげんつう』 畠中恵 (著)のイラストブックレビューです。若だんなの前に「てんげんつう」と名乗る男が現れた。千里眼を持つこの男は、あらゆるものが見えるために人々に嫌われてしまう。何とかして欲しい、と若だんなに頼み込むだが…。大人気「しゃばけ」シリーズ第18弾。
イラストブックレビュー

「むすびつき」というのは不思議なもので…

『むすびつき』畠中恵 (著)のイラストブックレビューです 。江戸の大店の病弱な若だんな・一太郎は、前世でどんな人だったのだろうか?貧乏神の金次がその昔出会ったという「若長」の話を語り、その人物は若だんなに似ていたと言う。
イラストブックレビュー

食べてみたいな 江戸の味

『やなりいなり』畠中恵 (著)のイラストブックレビューです。病弱な若だんなと妖たちが江戸の町で活躍する「しゃばけ」シリーズ第10弾。恋をめぐる不思議な騒動、藤兵衛旦那の行方不明などを描く5つの物語。