矢崎 存美

イラストブックレビュー

子どもの心をときほぐすのは、ぶたのぬいぐるみ

『学校のぶたぶた』矢崎 存美 (著)のイラストブックレビューです。見た目は可愛い豚のぬいぐるみ、中身は分別ある中年男、山崎ぶたぶた。中学校のカウンセラーとなった彼は、生徒たちの心の悩みに耳を傾ける。
イラストブックレビュー

「食事」から伝わる日常の大切さ

『キッチンぶたぶた』矢崎 存美 (著)のイラストブックレビューです。洋食屋で腕をふるうのは、なんとぶたのぬいぐるみ。その名も「山崎ぶたぶた」さんのどこか懐かしい味は、訪れる客に、見えていなかった何かを気づかせてくれるのです。心がほっこりと温かくなる物語です。
未分類

心に沁みる 食卓の景色

『ぶたぶたの食卓』    矢崎 存美 (著) 光文社文庫 「BOOK」データベースより 見た目は愛らしいぬいぐるみだが、中身は心優しき中年男・山崎ぶたぶた。彼が作る料理は、どこか懐かしく切ない思い出の味だ。大好きだった祖母が作...