碧野 圭

イラストブックレビュー

読めば読むほど好きになる 稀有な物語

『書店ガール 6 遅れて来た客』碧野 圭 (著)のイラストブックレビューです。彩加が取手の駅中書店の店長になってから一年半、ようやく仕事が軌道に乗り始めたと感じていた頃、本社から突然の閉店を命じられる。書店を舞台としたお仕事エンターテイメント第6弾。
イラストブックレビュー

仕事も出産も全部自分の糧にしていく女たち

『書店ガール 2 最強のふたり』碧野 圭 (著)のイラストブックレビューです。大型書店の店長となった理子は、職責の変化に戸惑いが。一方、亜紀は妊娠し、夫との考え方の違いから衝突を繰り返しています。妊娠や出産、その後の生活の変化への不安を亜紀はどう乗り越えていくのか。そして理子はどのような店長になっていくのか。書店員のお仕事小説。