講談社タイガ

イラストブックレビュー

「暗殺の共演」の幕は切って落とされた

『探偵が早すぎる (下)』井上 真偽 (著) のイラストブックレビューです。莫大な遺産を狙って女子高生一華の暗殺計画を企てる親族たち。最終チャンスの四十九日の法要で彼らはどう出るのか。そして事件を未然に推理し解決する探偵、千曲川はどう防ぐのか。
イラストブックレビュー

前代未聞!!事件が起こる前に解決する探偵!?

『探偵が早すぎる (上) 』井上 真偽 (著) のイラストブックレビューです。莫大な遺産を継いだ女子高生、一華の命を親族たちが狙う。一華を守るために雇われた探偵は、何と事件が起こる前に解決し、仕掛けた相手に死なない程度にやり返す人物だった。
イラストブックレビュー

人工生命体の異変は何を示唆するのか

『風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?』森 博嗣 (著)のイラストブックレビューです。神殿で発見された試料の調査に乗り出すハギリ博士。そして人口生命体にも新たな異変が現れる。これらは何を指し示しているのか。
イラストブックレビュー

「生きている」と「死んでいる」の境界は?

『魔法の色を知っているか? What Color is the Magic?』森 博嗣(著)のイラストブックレビューです。永遠に近い命を持つようになった人間にとって、生と死の境目とは何なのか。そして謎の施設では何が行われているのか。シリーズ第二弾。
イラストブックレビュー

遠い未来、人間から子供が生まれなくなる!?

『彼女は1人で歩くのか?』森 博嗣 (著)のイラストブックレビューです。二百年後、人類の寿命は比較的に伸び、半永久的に。そして産まれてくる人間の数は激減。そしてウォーカロンと呼ばれる人口生命体を研究するハギリは何者かに命を狙われるが…。
コラム

ひとつひとつを重ねて家族になっていく物語

血の繋がった関係ではないけれど、縁があって家族となった人たち。ぶつかったり、くっついたり離れたりしながら築き上げていく家族の形に胸が暖かかくなる物語たちです。