講談社文庫

未分類

あなたにはこの結末が予想できますか

『眠りの牢獄』浦賀 和宏 (著)のイラストブックレビューです。小説家、浦賀の恋人の亜矢子は、五年前階段から落ち、現在まで意識不明の昏睡状態となっている。浦賀は、亜矢子の兄に呼び出され、友人とともに地下室へ閉じ込められてしまう。
イラストブックレビュー

リストラ寸前の僕が買われた意外な能力

『営業零課接待班』安藤 祐介 (著)のイラストブックレビューです。苦手な営業に異動し、満足な売り上げを出すことができずに、ついにリストラ勧告を受けてしまったマジオこと真島等。ところが、新設された接待専門の「営業零課」にスカウトされ、再起を図ることに。
イラストブックレビュー

2億円は多すぎる!?宝くじが当たった若者の物語

『宝くじが当たったら』安藤 祐介 (著)のイラストブックレビューです。普通のサラリーマン、修一。買った宝くじが何と2億円の大当たり!!途端に次々と起こるトラブルを乗り越えられるのか?宝くじエンターテイメント。
イラストブックレビュー

人類の足掻く様を地球の外から眺める

『彼女がエスパーだったころ』宮内悠介 (著) のイラストブックレビューです。100匹目の猿、エスパー、オーギトミー、代替医療。科学では証明仕切れない超常現象を通して、人間は再発見されるのだ。進化を、科学を、人間を疑え。
イラストブックレビュー

奇蹟を追い求める探偵が証明するトリックとは

『その可能性はすでに考えた』 井上 真偽 (著) のイラストブックレビューです。十数年前、カルト宗教団体による集団自殺事件があった、その、たった1人の生き残りである少女が、青髪の探偵・上笠のもとへ事件んお真相を調べて欲しいと依頼する。
イラストブックレビュー

この衝撃的な世界が「絶対にない」と言い切れるか

『殺人出産』村田沙耶香 (著)のイラストブックレビューです。「産み人」隣、10人産めば、1人殺すことができる。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。
イラストブックレビュー

終われない人間の葛藤を描いた物語

『終わった人』内館 牧子 (著)のイラストブックレビューです。大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋できた壮介は生きがいを求め、居場所を探し、あがき続ける。
未分類

あなたはこの密室の謎が解けますか

『新装版 星降り山荘の殺人』倉知 淳 (著)のイラストブックレビュー制作動画です。雪に閉ざされた山荘に、UFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女性作家、癖の強い面々が集められた。 交通が遮断され電気も電話も通じなくなった隔絶した世界で突如発生する連続密室殺人事件!
イラストブックレビュー

出会いのすべてが宝物になる 豊かな旅エッセイ

『明日は、いずこの空の下』上橋 菜穂子 (著)のイラストブックレビューです。作家上橋菜穂子が異国の地で見聞きし、食べ、出会い、心動かせた出来事を表情豊かに綴る旅エッセイ。
イラストブックレビュー

あなたに会えて、よかった。

『アンマーとぼくら』有川 ひろ (著) のイラストブックレビューです。久しぶりに沖縄へ里帰りしたリョウ。カメラマンだった父も亡くなり、沖縄で一人暮らしをする母親と、三日間の休暇中、家族の思い出の場所を巡る。