高田郁

イラストブックレビュー

志と知恵と縁が結ぶ 商いの道

『あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇』高田郁 (著)のイラストブックレビューです。大阪から江戸へ出店し、順調に商いを進めてきた呉服商の五鈴屋。ところが幸の妹、結により窮地に追い込まれてしまう。
イラストブックレビュー

限られた条件のもとで発揮される見事な商才

『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 』高田郁 (著)のイラストブックレビューです。いよいよ商才を発揮しはじめた幸。しかし、己を上回る幸の才能にプライドを傷つけられた惣次は姿を消してしまう。
イラストブックレビュー

順調な商いと血を分けた姉妹の難儀な思い

『あきない世傳 金と銀(八) 瀑布篇』 高田郁 (著) のイラストブックレビューです。江戸紫に鈴の小紋染めが江戸の町の人々に受け入れられ、商いも順調な幸。そこへ、妹の結を見初めたという人物から縁談の話を持ちかけられる。