生まれ変わったら、何になりたい?

のこ
のこ

生まれ変わったらなりたいものってある?

ぬこ
ぬこ

高貴な生まれの猫。

ベルベットのソファでバカラのグラスに

入ったモンプチを食べる。

のこ
のこ

(…どこかで見たCMみたいね)

こちらは江戸で病弱な若だんなと

あやかしたちが活躍する「しゃばけ」シリーズ。

のこ
のこ

若だんなは来世は何になりたいかを問われて

考え込んでしまうの。

『なりたい』    畠中 恵 (著) 新潮文庫

あらすじ

神様たちに、来世は何になりたいか考えておくように言われた若だんな。懸命に頭を絞っている間にもいろんな騒動がやってくる。様々な「なりたい」願いを持つ者とのやりとりで若だんなが見つけた答えとは。

それぞれが「なりたい」ものとは?

妖になりたい人間、人間になりたい神様、母親になりたい女性。

自分に全くないものを求める者もあれば、今はまだ手に入れていないだけ、という者もあり。

それぞれが切実に願っていて、多くの人の感情や状況が複雑に絡み、成就できぬ様子に歯がゆい思いをしてしまいます。

まとめ

妖たちの力を借りて解決したり、見守ったりする若だんな。

今回のことで、来世以降の彼らとの付き合い方も考えたようです。

友人、子供、連れ合い。自分以外のものを大切に思う気持ちが溢れた、お江戸の妖(あやかし)短編集です。

<こんな人におすすめ>

妖と人間との絆に興味がある
若だんなが思う来世、未来を知りたい
しゃばけシリーズのファン

ぬこ
ぬこ

高級猫になっても今の飼い主がいいぞ。

飼い主がくれるちゅーるの味は格別(´∀`*)

のこ
のこ

(…たまにはいいこと言うわね)

未来を考えることは、今の自分を見つめ直すことに

なるのかもしれないわね。

しゃばけシリーズのレビューはこちらからもご覧いただけます。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント