死神はあなたのすぐそばにいるかもしれない

のこ
のこ

こちらは死神の仕事ぶりを

描いた物語よ。

ぬこ
ぬこ

うえっ 死神!?

ということは、死ぬ人間が

出てくるということか?

のこ
のこ

そうね。死ぬ予定の人間に

つきそう死神の姿と、

人間たちのドラマが展開していくの。

ぬこ
ぬこ

そうだよなあ。生きてきた人間たちも

いろいろあるだろうな。

そして死神の仕事ぶりというのも

気になるな。

『死神の精度』  伊坂 幸太郎 (著) 文春文庫

あらすじ

死神の仕事は、対象者を1週間調査すること。

その結果が「可」であれば担当部署へ報告し、八日目に対象者に何らかの形で死が訪れる。

その死を見守り、任務終了。

仕事の時はいつも天気が悪くなる、クールでちょっと奇妙な死神・千葉は様々な対象者と関わり、調査を行う。

雨男の死神・千葉は、1人の女性の調査をはじめます。

何気ない様子で近づき、聞き出したのは、彼女は大手電機メーカーに勤め、苦情処理を担当しているということ。

見た目も地味でパッとせず、これといった楽しみもない。

最近ではストーカーのような客から使命を受け、おかしなことを要求され、「明日にでも死んじゃいたい」とつぶやく彼女に「その願いは叶う」と心の中でそっと死神はつぶやくのですが…。

まとめ

痛みを感じることなく、味も感じない。

人間の常識や考え方にもピンとこない、死神の千葉と対象者たちのやりとりはどこかズレていてユーモアが漂います。

そんな中で、対象者たちが自身ではわかっていないのですが、やがてやってくる死を前に愛に気づいたり、誤解がとけたりと、その喜びにはどこかせつなさや哀しみをまとっています。

クールで奇妙な、千葉のような死神が自分を迎えに来たら…。案外安らかに逝けそうにも感じる物語です。

<こんな人におすすめ>

死神の仕事ぶりを描いた話に興味がある
死神が身近に現れた人間がどのようになるのか知りたい
伊坂 幸太郎のファン

ぬこ
ぬこ

え ちょっと待って。

「音楽聞いてる」「感覚がずれてる」とか

身の回りにいそうなんだけど…(・・;)

のこ
のこ

仕事の内容もユニークだし、

対象者とちょっぴり心を交わしたりと

何だか親しみを感じる死神の物語ね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コインチェック