ハルキ文庫

イラストブックレビュー

美しくありたい江戸の女たちの思いに応えたい

『寒紅と恋 小間もの丸藤看板姉妹(三)』宮本紀子 (著)のイラストブックレビューです。日本橋の小間物商の大店、「丸藤」の看板娘・里久は妹の桃とともに酉の市へ向かう。案内してくれるという飾り職人・清七の側には、母娘ふたりの姿。娘のお豊が敵意むき出しな理由とは。
イラストブックレビュー

志と知恵と縁が結ぶ 商いの道

『あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇』高田郁 (著)のイラストブックレビューです。大阪から江戸へ出店し、順調に商いを進めてきた呉服商の五鈴屋。ところが幸の妹、結により窮地に追い込まれてしまう。
イラストブックレビュー

ひと味違う、三毛猫ミケさんの猫斡旋業

『NNNからの使者 あなたの猫はどこから?』矢崎存美 (著)のイラストブックレビューです。「猫が飼いたいなあ」と思っていると、どこからともなく希望者に適した猫がやってくる。どうやらその猫を斡旋しているのは三毛猫のミケさんらしい…。
イラストブックレビュー

その存在を必要とされなかった時代の名探偵

『人喰いの時代 』 山田 正紀 (著) のイラストブックレビューです。東京からカラフトへと向かう船上で発見された、下着姿の男の変死体。誰が、どんな理由で殺したのか。呪師霊太郎と椹秀助が事件の謎に挑んでいく連作ミステリー。
イラストブックレビュー

五感で酒を楽しめるとっておきのバーへ

『二子玉川物語 バー・リバーサイド2 』吉村喜彦 (著) のイラストブックレビューです。二子玉川にある大人の隠れ家「バー・リバーサイド」。マスターの川原とバーテンダーの琉平が、美味しいお酒とつまみで、お客をあたたかくもてなす。
コラム

【秋の夜長に読みたい小説10選】

【秋の夜長に読みたい小説10選】秋の夜長にぴったりの小説を10冊選んでみました。物語の世界観に浸ってみてください。
イラストブックレビュー

「美食家」の世界は何とも奥深いのだ

『【新装版】巷の美食家』開高健 (著) のイラストブックレビューです。行動する作家、開高健が綴る、食と酒にまつわるエッセイ。
コラム

読めばお腹が空いてくる!?美味しい料理が出てくる小説10選 【料理も紹介】

はじめに ぬこ 涼しくなってきて、 ちゅーるがより美味しく感じられるなあ。 のこ 食欲の秋が到来ね。 今回は、そんな食欲を刺激する 美味しい料理が登場する小説を 紹介するわ。 美味しい...
ブックレビュー

人が喰われていく時代を描く重厚なミステリー

『人喰いの時代』山田正紀(著)のブックレビューです。戦争がひたひたと迫る不穏な空気が流れる昭和初期。放浪する若者2人が遭遇した六つの奇妙な殺人事件を描くミステリー。
未分類

「人が人として生きる」ために命をかけた者たち

『童の神』今村翔吾 (著)のイラストブックレビューです。平安時代、凶事とされる日食の日に生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。桜暁丸は京人から蔑まれていた「童」と手を組み、朝廷軍に戦いを挑む。