マンガ

イラストブックレビュー

紙としての価値はあるか。出版物の岐路に立つ。

『傘寿まり子(10)』 おざわ ゆき (著) 講談社のイラストブックレビューです。80歳のベテラン作家、幸田まり子は自らweb文芸誌「レトル」を立ち上げる。連載小説の単行本化の話も出たが、経営者が変わったことで、その約束もなかったことに。困るまり子の前にあらわれたのは、かつての担当編集者・サイトーだった。
イラストブックレビュー

思いやりでつながる「素敵な他人」の関係

『大家さんと僕 これから』 矢部 太郎 (著)のイラストブックレビューです。初めて出した単行本が大ヒットとなり、一躍時の人になった僕。忙しい毎日を送るなかで、大家さんとの楽しい日々には少しの翳りが見えてきて…。
イラストブックレビュー

猫だらけの老舗どて屋は癒し効果バツグン!

『トラとミケ: いとしい日々』 ねこまき (ミューズワーク) (著)のイラストブックレビューです。名古屋にある老舗のどて煮屋「トラとミケ」。年老いた二人(二匹?)が切り盛りする店には、夕方になると味噌のいい匂いが漂い、今日もうまい料理と酒を求めてお客がやってくる。
イラストブックレビュー

生き抜いてきた先人たちを尊敬せずにいられない物語

『その女、ジルバ』全5巻 有間しのぶ (著)のイラストブックレビューです。ホステスの平均年齢は70歳以上の高齢BAR。そこへ飛び込んだのは40歳の新人・笛吹新(うすい あらた)。リストラで売り場から倉庫へ移動、独身、恋人なし。老人だらけの店で、彼女は何を学び、どう変わっていくのか。
イラストブックレビュー

子犬のような姪との生活は女王様に変化をもたらす

『違国日記 4』 ヤマシタトモコ (著) のイラストブックレビューです。高校生になった朝は軽音部へ入部。家に遊びにきた中学時代からの友人、えみりと話をしたことから槙生は元彼であり、親友でもある笠町への自分の気持ちの変化に気付く。
イラストブックレビュー

不条理すぎる世の中に「もう帰りたい」と叫ぶ

『僕たちはもう帰りたい』さわぐちけいすけ (著)のイラストブックレビューです。付き合い残業、板挟み、無茶ぶり上司、非効率…。年齢も立場も異なる人々が胸に抱く強い思い。スナック「もう帰りたい」には、今日もそんな思いを抱えたお客が集まる。
イラストブックレビュー

シャッター商店街が多くの笑顔で溢れるとき

『傘寿まり子(9)』おざわ ゆき (著)のイラストブックレビューです。ウェブ雑誌の編集長を務める80歳の小説家・幸田まり子。シャッター商店街活性化のために、商店街でのファッションショーを企画。しかし、トラブルは山積みで…。
イラストブックレビュー

大人の料理はとっても自由でとっても楽しい

『いのまま』オカヤイヅミ (著)のイラストブックレビューです。マンガやイラストを描く仕事をしている著者が、「胃のおもむくままに」つまり、「意のまま」に食べたいものを作って食べる。そんな、大人ならではの自由と楽しさを描く、食エッセイ。
イラストブックレビュー

いつまでも続いてほしい 大人カップル

『ダーリンは73歳』西原 理恵子 (著)のイラストブックレビューです。美容整形界のドン、高須克弥院長73歳。コミック界のリーサルウェポン、西原理恵子53歳。2人合わせて126歳のバカップルは、今日も大騒ぎ。
イラストブックレビュー

卒母後もりえさんの快進撃はつづくのだ

『りえさん手帖』 西原 理恵子 (著)のイラストブックレビューです。卒母したサイバラさんが最強のおばさんになってやってきた!もはや怖いモノなしのりえさんは、自由な翼で羽ばたき、これからの人生を楽しむのだ!!