マンガ

イラストブックレビュー

幸福になるために持ちたい「資産」とは

『マンガ 宝くじで1億円当たった人の末路』のイラストブックレビューです。「宝くじで1億円当たった人」「事故物件を借りちゃった人」「『友達ゼロの人」「キラキラネームの人」など、様々な状況に置かれた人たちの「末路」をまんがと文章で描きます。
イラストブックレビュー

バカップルの日常は愛と笑いと下ネタのカオス

『ダーリンは75歳』 西原 理恵子 (著) のイラストブックレビューです。最強のバカップル、西原氏と高須院長の日々を描く、笑いと涙あふれるコミック第6弾。高須院長75歳、西原氏55歳と、合わせて130歳に達した二人の、賑やかで愛に満ちた日常とは。
イラストブックレビュー

他人との「いい関係」は自立した者同士だから成り立つ

『妻は他人 ふたりの距離とバランス』さわぐち けいすけ (著)のイラストブックレビューです。夫婦、友人、職場の人間。そんな「他人同士」が仲良くする秘訣とは。他人との関係を円滑にするためのヒントがつまったコミック。
イラストブックレビュー

シャッターに閉ざされた住民の心を救えるのか

『傘寿まり子(8)』おざわ ゆき (著)のイラストブックレビューです。ウェブ雑誌「レトル」を立ちあげた80歳の小説家、幸田まり子。シャッター商店街の活性化に取り組むが、商店街のメンバーはあきらめムードで全くやる気を見せない。
イラストブックレビュー

さみしさを受け入れるが理解しないということ

『違国日記 3 』ヤマシタトモコ (著) のイラストブックレビューです。両親を事故で亡くした15歳の田汲朝。小説家である叔母、高代槙生と住みはじめてから数ヶ月。親友のえみりを家に招いた朝。そこへ槙生の人見知りが発動し…。
イラストブックレビュー

食べることで、人と人はつながっている

『どこかでだれかも食べている』オノ・ナツメ (著)のイラストブックレビューです。実家のロールキャベツの味、子供の頃、留守番をしていた時に食べたホルモンうどん。いろんなシーンで、いろんな人たちが今日も何かを食べています。
イラストブックレビュー

渾身の料理は「オサシミ」に納得。

『あたりまえのぜひたく。 ─きくち家 渾身の料理は……。』きくち正太 (著)のイラストブックレビューです。ウルサい編集者をも黙らせる料理の腕を持つマンガ家、きくち正太。奥さんとあうんの呼吸で、次から次へと「たまらない」料理を作りあげる。
イラストブックレビュー

言葉がつねに漂っている作家の頭の中

『ものするひと 2』 オカヤ イヅミ (著)のイラストブックレビューです。地味ではあるが、作家が「欲しい」と思う新人賞の候補となったスギウラ。そして、なぜか家に泊まっていった女子大生、ヨサノとの関係など、何かと落ち着かない日々を送る。
イラストブックレビュー

大物作家の復活を腕と知恵で全力サポート!

『傘寿まり子(7) 』おざわ ゆき (著)のイラストブックレビューです。大物作家、小桜蝶子の復帰第一作を書いてもらえることになった、WEB雑誌編集長であり、作家でもある80歳のまり子。い蝶子は、何とまり子にゴーストライターとなって自分の代わりに小説を書けと言い出して…。
イラストブックレビュー

面識のない2人が「いっしょに暮らす」ということ

『違国日記 1 』ヤマシタトモコ (著) のイラストブックレビューです。35歳、独身で少女小説家の高代槙生は、姉夫婦が事故で亡くなったため、その娘である15歳の朝をひきとることに。二人は手さぐりをしながら、共同生活を始める。