北村 薫

イラストブックレビュー

流れていくときと人とを描く15の短編集

『ヴェネツィア便り』北村 薫 (著)のイラストブックレビューです。病に伏せっていた双子の弟が、空襲のさなかで気付いた、自分の出生にまつわること。過去、現代、そしてどこでもない空間。様々な状況で時と人を描く短編集。
イラストブックレビュー

名探偵は娘ラブのほっこりお父さん

『中野のお父さん』北村 薫 (著)のイラストブックレビューです。若手の文芸編集者、美希。ある日、新人賞の候補者に電話をしたが、その人が応募したのは何年も前だという。この不可解な謎を、高校教師の父に話してみたところ…。
イラストブックレビュー

近代文学への造詣と愛を深く感じる論文のような物語

『太宰治の辞書 』北村 薫 (著)のイラストブックレビューです。みさき書房の編集者として働く「私」は、太宰治の「女生徒」の謎に出会う。その謎を探るために「私」は旅に出る。
イラストブックレビュー

気が付けばそこに いつも『酒』があった

『飲めば都』北村 薫 (著)のイラストブックレビューです。人生の大切なことは、本とお酒に教わった。女性編集者、小酒井都は日々酒を飲み、原稿を読み、好奇心の赴くままに突き進む。
イラストブックレビュー

ひたすら足を動かし、心を空白にしたら得るもの

『八月の六日間』北村 薫 著のイラストブックレビューです。雑誌の副編集長として日々忙殺される「わたし」は山の魅力に出会った。こわばった心と体をほぐしてくれるわたしと山の特別な八日間。