小説・人文

イラストブックレビュー制作動画

夢は何度でも書きかえられるから

『秋葉原オーダーメイド漫画ラボ 今日から「0課」担当します!』隙名 こと (著) のイラストブックレビューです。連載を打ち切られ仕事を失ったアラサー漫画家の月高アユムは、漫画以外のあらゆるものを漫画にする会社の女子高生社長に声を掛けられる。
イラストブックレビュー

藁にもすがる思いで掴んだ 玉が導く運命とは

『たまうら』星乃 あかり (著)のイラストブックレビューです。悩みを抱えた人の前にあらわれるのは「玉占〜たまうら〜」という行燈を掲げた老婆。相談すればたちまち望みを叶えてくれるという。
イラストブックレビュー

自立したカッコいい大人の女の恋愛小説

『肉体の学校』三島 由紀夫 (著)のイラストブックレビューです。裕福で自由な生活を楽しんでいる3人の女性。その中の一人、気楽な独身女性である妙子が惚れ込んだのは、美形の若いゲイ・ボーイだった。
イラストブックレビュー

くっきりとした陰影で悲しみを描く短編集

『あなたならどうする』井上 荒野 (著) のイラストブックレビューです。「あなたならどうする」「東京砂漠」「ジョニイへの伝言」など昭和歌謡曲にインスパイアされ生まれた9つの短編。
イラストブックレビュー

ロボットに芽生える家族愛にキュンとする

『ロボット・イン・ザ・ハウス』デボラ インストール (著)のイラストブックレビューです。ベンと元妻エイミーに、女の子のボニーが誕生した。イヤイヤ期のぽんこつロボット・タングは「妹」のお世話をしようと張り切るが…。
イラストブックレビュー

とめどなく溢れ出る愛しい物語たち

『ぶらんこ乗り』いしい しんじ (著)のイラストブックレビューです。ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意だったわたしの弟はもういない。残されたノートには、痛いほどの真実が記されていた。
イラストブックレビュー

大切なものを失った痛みがここにある

『夜の木の下で』湯本 香樹実 (著) のイラストブックレビューです。友情、兄弟の絆。幼い頃、もしくは10代の頃に共有した出来事や感情。過ぎ去ってしまった時間を鮮やかに、瑞々しく描く短編集。
イラストブックレビュー

胸と心に沁みる 旨い飯と昼の酒

『ランチ酒』原田ひ香 (著)のイラストブックレビューです。犬森祥子の職業は「見守り屋」。人やペットなど、とにかく頼まれたものを寝ずに見守る。そんな祥子の唯一の贅沢は仕事を終えた後のランチ酒。旨い食事と酒が、仕事や自分の心を癒してくれる
イラストブックレビュー

孤独をあまたの言葉で飼い慣らし、ひとり生きる

『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子 (著) のイラストブックレビューです。70代の桃子さんは夫に先立たれ、ひとり暮らし。まれ故郷の言葉で、過去と現在を行きつ戻りつ、己の人生を振り返り、孤独と寄り添う。
イラストブックレビュー

心に寄りそう和菓子をどうぞ

『ぶたぶたの甘いもの』矢崎 存美 (著)のイラストブックレビューです。知る人ぞ知る「和菓子処しみず」。季節の絶品和菓子に甘酒、おでんや焼きそばまで旨いものが勢ぞろいするこの店の主人は、何とぶたのぬいぐるみだった。