彩瀬 まる

イラストブックレビュー

幻想的で美しい愛の世界を描く

『くちなし』彩瀬 まる (著)のイラストブックレビューです。別れの代償に、私は彼の腕をもらった。(「くちなし」)。幻想的でありながら、心の動きや感情の揺れを感じる繊細でリアルな愛を描く、七つの短編集。
イラストブックレビュー

母の「型」から抜け出せない

『あのひとは蜘蛛を潰せない』彩瀬 まる (著) のイラストブックレビューです。ドラッグストアの店長である梨枝は、実家で母と二人暮らしをしている二十八歳。母の価値観に縛られ、息苦しい日々を過ごしている。しかし恋人ができ、家をでた梨枝は自分の価値観の変化と、根っこの変わらない部分に気づく。
イラストブックレビュー制作動画

繋がっていたいと思うこと 悼むということ

『やがて海へと届く』 彩瀬 まる (著)のイラストブックレビュー制作動画です。震災で亡くした親友・すみれの死を受け入れられない真奈。死を認めたようなすみれの元恋人・敦の態度を受け入れることができなくて…。テキストやイラストが出来上がっていく様子をお楽しみください。