朝日文庫

イラストブックレビュー

音が発する色と感度の世界に引き込まれる

『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』江國香織 (著)のイラストブックレビューです。小さな動物や虫と話ができる幼稚園児の拓人。彼の目に映るはカラフルでみずみずしい世界を通して、大人たちの穏やかでない日常を冒険する。
イラストブックレビュー

ゴリラの世界から人間社会を見てみたら

『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』 山極寿一(著) のイラストブックレビューです。アフリカでゴリラの研究を重ねてきた人類学者であり、京都大学総長でもある著者が、現代社会を生き抜く力の磨き方について語る。
イラストブックレビュー

僕は人間である前に怠け者です

『聖なる怠け者の冒険』森見登美彦 (著)のイラストブックレビューです。京都の夜に現れる謎のぽんぽこ仮面。怠け者の小和田くんと彼の関係はどうなっていくのか。ユーモア溢れるファンタジー物語。
イラストブックレビュー

悲しくもどこか可笑しい日本の未来を描く

『錆びた太陽』 恩田 陸 (著)のイラストブックレビューです。原発テロが起こり勢いを落としていく近未来の日本。人型ロボットたちとどのように生きていくのか。絶望の中に笑いを交えた未来の物語。
ブックレビュー

「最後の事故」からの日本という国を描く

『錆びた太陽』 恩田陸 著 のブックレビューです