村田沙耶香

イラストブックレビュー

自分の生きる世界が崩壊していくとき人は何を思うのか

若者が贄として捧げられる孤島の秘祭「モドリ」。十四歳になった陸は今年の祭りから参加するが、そのことに不安とあきらめを感じていた。そして陸は、今年の贄が密かに思いを寄せていた同級生、高城くんであることを知る。
イラストブックレビュー

もうひとつの世界の「愛」と「家族」のカタチ

『消滅世界』村田沙耶香 (著) のイラストブックレビューです。子どもが欲しいときはセックスではなく、人工授精をする。「家族」となる夫と暮らし、夫以外の人間やキャラクターに対して恋愛をしていた雨音。しかし夫婦で実験都市へと移住してからそんな日常が思わぬ方向へと変化していく。
イラストブックレビュー

この衝撃的な世界が「絶対にない」と言い切れるか

『殺人出産』村田沙耶香 (著)のイラストブックレビューです。「産み人」隣、10人産めば、1人殺すことができる。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。