ここまで書いちゃっていいの!?夢の国の衝撃の舞台裏

『ミッキーマウスの憂鬱』   松岡 圭祐 (著)  新潮文庫

あらすじ

東京ディズニーランドでアルバイトをすることになった後藤大輔・二十一歳。

期待に胸を膨らませ出勤した配属先は「美装部」。キャラクターたちの衣装着脱、管理が主な仕事。

地味な内容にがっくりするも、驚きの情報が耳に入る。

何と「ミッキーマウス」の着ぐるみが一体行方不明なのだと言う。大輔たちは着ぐるみの捜索に奔走する。

華やかな「夢の国」を支える人たち

ディズニーランドの運営側、特にパレードやキャラクターグリーティングでその愛らしい姿を見せるキャラクターの「着ぐるみ」を管理する人たちの現場を細やかに描きます。

そしてミッキーマウスの「中の人」も登場!!表に見える華やかな世界の裏側ではヒエラルキー構造となっていて、役割も立場もハッキリと分かれています。

そんな中で起こった着ぐるみ紛失に、ヒエラルキー最下層の大輔が全力で捜します。

まとめ

立場や役割を超え、情熱を持って行動することで周囲を変えていく。ポンコツアルバイトが夢の国の輝きを増す力となる。夢と情熱が溢れるお仕事小説です。

<こんな人におすすめ>

ディズニーランドの「中の人」を描いた話に興味がある
夢の国の超現実的なお仕事小説を読んでみたい
松岡 圭祐のファン

ビブリオバトルで「ミッキーマウスの憂鬱」を選ばれた方が。魅力たっぷりに語っています。

[ビブリオバトル in 紀伊國屋] ミッキーマウスの憂鬱

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング 

コメント