人生一美味いビールが深く、深く沁みていく

のこ
のこ

こちらはブラック企業に勤める

三人の男性を中心に、そこから

彼らとの様々な関わりを持つ

人物たちを描く物語よ。

ぬこ
ぬこ

何!?ブラック企業とな!?

それは1日でも早く逃げないと!!

のこ
のこ

逃げることができた者もいるけれど

逃げられず、最悪の結果になった者も。

彼らの人間らしさを取り戻した一瞬が

だれかの人生に影響を与えていくわ。

ぬこ
ぬこ

うおう…

辛そうな話だが、かすかな

希望も見えてきそうだ。

『六畳間のピアノマン』  安藤 祐介 (著) 角川文庫

あらすじ

ブラック企業に入社した大友、夏野、村沢。

休む間もなく営業を続け、朝礼では成果が出ていないと罵倒される。

休みなく働いてきた三人は、ある夜、居酒屋で「人生一美味いビール」を飲む。

人間らしさを取り戻したかのように思えた三人だったが、翌日から上司である上河内の締め付けが、さらにひどくなっていく。

「お前は無駄に飯食ってクソするだけのサンパイ(産業廃棄物)だもんな」「圧倒的につまらねえ人間だな」と罵詈雑言を浴び続けた夏野は首を吊って自殺してしまいます。

その1日前に退職した大友は、上河内に怒鳴り込みますが「そんな弱い人間は生きていけねえよ」と吐き捨てられます。

大友は上河内のパワハラ発言をネットに流し、会社はバッシングの嵐。

しかし大友気持ちは晴れないのでした。

三人がかつて人生最高のビールを飲んだ居酒屋の店員、ピアノが上手だった夏野を応援していた女子高生、夏野の父、夏野の死に駆けつけた警官、上河内の洗脳がなかなかとけない村沢。

夏野が死んでからの数年間の彼らの人生、夏野のピアノ、最高のビールがつながっていきます。

まとめ

身を切られるような、つらく苦しい経験に、軽やかなピアノの調べとキンキンに冷えたビールが、人々の心の深く、深くに沁みこんでいくのです。

NHKでドラマ化されていたようですね!

六畳間のピアノマン - NHK
4人の主人公、そして彼らをめぐる人々の人生が、「六畳間のピアノマン」に導かれるようにからみあう。ひとりじゃない、離れていてもつながっている、人生の不思議で素敵な化学反応。 ビリー・ジョエル「ピアノ・マン」の舞台は名もなき人々が集まるバー。客たちの唱和を思わせる「今夜はメロディが欲しい気分。ピアノ・マン、君が僕たち...
ぬこ
ぬこ

うわああああん(இ罒இ)‧º·˚

泣けるううう〜〜

のこ
のこ

仕事とは、生きるとは何かを

考えさせられる物語ね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング