大きな力に屈することなく戦った女性たち

『隠れ家の女』   ダン・フェスパーマン (著)  集英社文庫

あらすじ

1979年、ベルリン。CIAの末端職員であるエレンは、工作員が使う隠れ家で意味不明な会話を録音してしまう。また別の日には、同じ場所でレイプ現場を目撃し、告発しようとしたが組織を追われることに。35年後、彼女は夫とともに銃殺死体となって発見される。ヘレンの娘・アンナは母が殺された理由と過去の出来事について調べ始める。

きっかけは、冷戦時代のベルリンで交わされた不可解な会話だった

エレンの録音したものは、録られた者にとっては都合の悪いものでした。レイプをしたCIA職員から逃れるエレンの様子と、エレンの死について調べるうちに、彼女のCIA時代の出来事にぶち当たったあんなの調査活動の二本立てで物語は進行していきます。

エレンのベルリンからパリまでの機転を働かせ、仲間の手助けを受けながらの逃走劇には手に汗握ります。現代と過去を行ったり来たりしながら少しずつ明らかになっていく真実に、驚きを隠せません。

まとめ

何重にも張り巡らせた伏線、敵味方の見極め、追っ手との騙し合いと駆け引き。600ページのボリュームを感じさせない、骨太なスパイ小説です。

<こんな人におすすめ>

冷戦下のベルリンと現代アメリカをめぐるミステリーを読んでみたい
冷戦時代のCIAの仕事内容に興味がある
ダン・フェスパーマンのファン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

隠れ家の女 (集英社文庫(海外)) [ ダン・フェスパーマン ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/5/30時点)

楽天で購入

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント