国家の危機に立ちあがる1人の男がいた

のこ
のこ

警察庁出身の官僚って

どんな仕事をしているか知ってる?

ぬこ
ぬこ

は?警察庁?

チュールの安定供給をはかるように

尽力するところだろ(`・∀・´)ノ

のこ
のこ

…。

警察庁は日本の行政機関のひとつよ。

警察制度の企画立案や、公安に関する警察運営、

警察行政の調整などを行うの。

ぬこ
ぬこ

ちゅーるの安定供給は

猫界の存続に関わる大問題だぞ!

のこ
のこ

(…何キャラかしら)

こちらは国家の非常事態に対応する

『DASPA』という組織の中で、警察庁出身の主人公が

日本に迫る危機を防ぐお話よ。

『DASPA 吉良大介 』   榎本 憲男 (著)  小学館文庫

あらすじ

テロをはじめとした国家の非常事態に的確に対応するため、各省庁から選抜された人員で組織された「DASPA」国家安全保障会議。

警察官僚の吉良大介はサブチェアマンに抜擢される。DASPA発足を間近に控えたある日、中目黒のマンションで毒殺された白人男性が発見される。

その目的、そして背後にいるものは何なのか。

官僚たちが国家を守るために立ち上がる。

殺された白人男性の背後にあるものを探る

警察庁出身の吉良は、仕事ができる切れ者だが少々女に弱い部分も。DASPAでもサブチェアマンに抜擢され、上司からの信頼も厚いです。

ある日、中目黒で発生した白人毒殺事件。用いられた毒はバイオ兵器として使われるロシア製の神経剤。背後に何が潜んでいるのか。

殺された白人男性の娘・アンナに協力を仰ぎながら、事件の解明と、日本に迫ったききを排除すべく、吉良は奔走します。

まとめ

国と国のせめぎ合い、首相や側近の思惑と攻防など、推理と駆け引きが見どころの官僚小説です。

国家の危機に対応できる人間が、実際どれだけいるのかな?とふと考える物語です。

<こんな人におすすめ>

警察官僚の仕事ぶりを描いた物語に興味がある
国家の危機を描くエンタメ小説を読んでみたい
榎本 憲男のファン

ぬこ
ぬこ

官僚ってデスクワークだけかと思ったけど

案外駆け引きとか足使ったりするんだなあ。

のこ
のこ

様々な制約や、他国間とのしがらみの中で

どのように知恵を絞り、国を守るか。

官僚とはそんなお仕事なのかもしれないわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント