ブックレビュー

一人の男の絶望と再生の物語

『近いはずの人』  小野寺 史宜 著  講談社文庫のブックレビューです。
コラム

心の中は熱いのに表に出るサッパリ感が絶妙な北海道の作家たち

北海道出身、あるいは在住の作家さんたちの小説・エッセイを紹介します。
ブックレビュー

壮大な歴史物語でもあり、ミステリーでもある物語

『東京帝大叡古教授』 門井 慶喜 著 のブックレビューです
ブックレビュー

とてつもなく重い扉のその先には、きっと明るい未来がある

『ひきこもりを家から出す方法』 猫田佐文著 のブックレビューです。
コラム

強烈すぎるキャラなのに、愛さずにいられないのは血のせいか。なんとも個性的な母親をめぐる家族の物語。

よくある母親のイメージを覆すような強烈な個性を持つ母親たちを描いた物語を紹介します。
ブックレビュー

算術を通して自分と向き合い、明日の光を見つけていく女たちの物語

『お師匠さま、整いました』 泉ゆたか 著 のブックレビューです
ブックレビュー

「最後の事故」からの日本という国を描く

『錆びた太陽』 恩田陸 著 のブックレビューです
コラム

江戸のおすすめシリーズ本 2020年1月現在未完のもの

はじめに 江戸時代の物語は、ちょっと堅そう。読みづらいのでは、自分にはまだ早い、あまり興味ない。そんなことを思っている方に、ぜひ!おすすめしたい、江戸を舞台にした小説たちをご紹介します。シリーズもので、2020年1月現在も継...
ブックレビュー

「人たらし」の雑誌編集長が隠し持つ牙とは

『騙し絵の牙』塩田 武士 著のブックレビューです
コラム

ひとつひとつを重ねて家族になっていく物語

血の繋がった関係ではないけれど、縁があって家族となった人たち。ぶつかったり、くっついたり離れたりしながら築き上げていく家族の形に胸が暖かかくなる物語たちです。