新テーマは「商い」。期待を裏切らない面白さで全巻買い決定!

『あきない世傳 金と銀 ~源流篇』 髙田 郁 著 ハルキ文庫

「BOOK」データベースより

物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。父から「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。果たして、商いは詐なのか。あるいは、ひとが生涯を賭けて歩むべき道か―大ベストセラー「みをつくし料理帖」の著者が贈る、商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!

9歳の少女、幸の懸命で健気な姿に涙

わずか9歳の少女が、自分の置かれた状況に懸命に立ち向かう姿に涙腺崩壊。

そして江戸時代、大阪の商家の生活の様子やしきたりが細やかに描かれていて、こちらも興味深いです。

まとめ

「次はどうなるのか??」と展開が気になり、読み始めたら途中で止められません。時間があるときに読むことをお勧めします。

<こんな人におすすめ>

「澪つくし」ファン
髙田郁ファン
女性ががんばって生きていく姿を見るのが好きな人

あきない世傳 金と銀 源流篇 (時代小説文庫)
created by Rinker

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント