日本の、東京の「今」を等身大の若者が駆け抜ける

『憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI』

石田衣良 (著) 文春文庫 

「BOOK」データベースより

IWGP第2シーズン、満を持してスタート!ストリートの“今”を切り取り続けてきた本シリーズ。時を経て池袋は少しずつ変容しているが、あの男たちは変わらない。脱法ドラッグ、仮想通貨、ヘイトスピーチ。次々に火を噴くトラブルをめぐり、マコトやタカシ、そしてとびきりクールな仲間たちが躍動する。

現代社会の闇をマコトたちが暴いていく

登場人物は皆クールでかっこいい!!主人公でありながら雑な扱われ方をするマコト、そしてマコトのお母さんもいい味を出しています。脱法ドラッグ、ギャンブル依存、ヘイトスピーチ…。現代社会の闇は憎しみと悲しみを纏っています。

まとめ

マコトやタカシたちの新年が変わらない限り、池袋の、日本の未来は大丈夫なんだと思えるのです。

<こんな人におすすめ>

池袋ウエストゲートパークファン
石田衣良ファン
社会の闇に興味がある人

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント