あなたはどのタイプの「器が小さい人」?

『今日から使える! 「器が小さい人」から抜け出す心理学』

ポーポー・ポロダクション 著  PHP研究所

「BOOK」データベースより

すぐにテンパる、自分の間違いは認めない、人の成功は喜べない…「なぜ、器が小さいのか?」がわかれば、抜け出す方法が見えてくる。

「器が小さい」タイプ別に、動物キャラでわかりやすく解説

ちょっとしたことですぐイライラする→イライラッコ

「忙しい、忙しい」とすぐ口にしてしまう→テンヤワンヤ

…など、各タイプごとに、動物のキャラクターで例えていて、可愛らしく面白いのでそれぞれのタイプの特徴が頭に入りやすいです。

まとめ

自分だけでなく、身の回りの人を当てはめてみると、相手の心理が理解することができ、より良い人間関係が築けるかもしれませんね。

<こんな人におすすめ>

自分のことを「器が小さい」と思う人
自分の器を大きくしたい人
まわりに「あいつ器が小さいな」という人がいる

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント