「生きている」と「死んでいる」の境界は?

『魔法の色を知っているか? What Color is the Magic?』

森 博嗣 (著) 講談社タイガ

「BOOK」データベースより

チベット、ナクチュ。外界から隔離された特別居住区。ハギリは「人工生体技術に関するシンポジウム」に出席するため、警護のウグイとアネバネと共にチベットを訪れ、その地では今も人間の子供が生まれていることを知る。生殖による人口増加が、限りなくゼロになった今、何故彼らは人を産むことができるのか?圧倒的な未来ヴィジョンに高揚する、知性が紡ぐ生命の物語。

まとめ

人口生命体「ウォーカロン」のシリーズ第二弾。

限りなく永遠の命に近づいた人間にとって「生きている」と「死んでいる」の境界とは。

自然に子供を産む地域で発見した謎の施設が意味するものとは。命題と謎を突きつけられて、次作への続きがとても気になる一冊。

<こんな人におすすめ>

『彼女は1人で歩くのか?』(第1弾)を読んだ人
科学と人類の未来SFに興味がある人
森 博嗣のファン

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント