職業としての「小説家」を徹底解析

『小説家という職業』    森 博嗣 (著) 集英社新書

「BOOK」データベースより

小説家になるためにはどうすれば良いのか?小説家としてデビューするだけでなく、作品を書き続けていくためには、何が必要なのだろうか?プロの作家になるための心得とは?デビュー以来、人気作家として活躍している著者が、小説を書くということ、さらには創作をビジネスとして成立させることについて、自らの体験を踏まえつつ、わかりやすく論じる。

ビジネスとしての小説執筆とは

「全てがFになる」など、数々のヒット作を書いた小説家、森博嗣氏による、ビジネスとしての小説執筆はどうあるべきかを述べる。

「小説の書き方」ノウハウではありません。作品を書き続けるためには何が必要か、プロ作家になるための心得とは何かを説きます。

小説を取り巻く出版界や市場の分析、今後の予想、それを踏まえた作家としての戦略。まさに作家コンサルタントのように分析し、著者なりの対策を指南します。

まとめ

「できるビジネスマン」ならぬ「できる小説家」森氏の、思わず唸る「おシゴト論」です。

<こんな人におすすめ>

小説家という職業に興味がある
小説家になろうと思ったことがある
小説家の具体的な仕事の考え方、取り組み方に興味がある

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説家という職業 (集英社新書) [ 森博嗣 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント