うつトンネルの抜け方は人それぞれ

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』

田中 圭一 (著)  KADOKAWA

概要

鬱を経験した漫画家である著者が、同じように鬱を経験し、そこから脱出した人たちにインタビューをします。

ミュージシャンにエッセイスト、各人のうつとの付き合い方

ミュージシャンの大槻ケンヂ、エッセイストのまついなつきなど著名人も多数登場。うつを発症した経緯や、うつのトンネルを抜けたきっかけ、うつとの付き合い方などをマンガで解説。

当然ですが、インタビューを受けた方々は性格も生活環境もそれぞれ異なります。それゆえ、うつを抜けるきっかけや方法も、その人だからこう抜けた、ということになります。それでも多様なパターンを見ることで、トンネルの向こうに光がさすかもしれません。

まとめ

鬱は「心の風邪」ではなく「心の癌」。放置していると死に至る病気、という記述にハッとします。うつについて学び、認識を改めるのに適したコミックです。

<こんな人におすすめ>

自分、または周囲の人が体調不良
気分が落ち込みすぎて動けない
うつ病についてさらっと学びたい

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち [ 田中 圭一 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/6/13時点)

 

楽天で購入

 

 

 

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント