みぃつけた。われのともだち。

『みぃつけた』  畠中 恵 (著)  新潮社

あらすじ

江戸の大店、長崎屋の若だんな、一太郎が幼かった頃のお話。

若だんなと鳴家の出会い

病に臥せっていた一太郎。面から子どもたちの遊ぶ声が聞こえてきます。「われも遊びたい…』ふと天井を見上げると、小鬼が数匹、一太郎を見下ろしています。いっしょに遊ぼう!もういいかい?

一太郎と、小鬼の鳴家たちの出会いを描いた物語。一太郎が気になる鳴家たちは、こそこそと様子を伺いますが、一太郎に見つかってしまい、いっしょに遊びはじめます。

まとめ

一太郎がなぜ鳴家たちを可愛がり、大切にしているのか。その理由がよくわかります。大好きで大切。純粋で素直な彼らの気持ちにキュンとしてしまう、「しゃばけ」シリーズの番外編です。

<こんな人におすすめ>

江戸時代のあやかしに興味がある
鳴家がかわいくて好きである
しゃばけシリーズのファン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みぃつけた [ 畠中恵 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2020/6/13時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント