度肝を抜く発想と驚きの展開が詰まった26編

のこ
のこ

こちらは医師に余命3000文字と宣告

された男性を描くほか、奇想天外な発想や

衝撃のラストが楽しめる26の短編集よ。

ぬこ
ぬこ

余命3000「文字」って!!

どういうことなんだ!?

のこ
のこ

余計な情景や心境は文字数を消耗するので

なるべく単調な日々を過ごしたり。

ぬこ
ぬこ

なるほど。そうして迎える3000文字目、

この男はどんな風に過ごしているんだろう。

『余命3000文字』  村崎羯諦 (著) 小学館文庫

あらすじ

「あなたの余命はあと3000文字きっかりです」と医者から宣告された男がどうなったか(「余命3000文字」)。

妊娠6年目を迎えたお腹の中の胎児が選んだ運命とは(「出産拒否」)。

奇想天外な発想、思いもよらぬ衝撃のラストが楽しめる、26編を収めた短編集。

医者から文字数で余命を知らされた男は、無駄な文字数を発生させないように、単調な日々を送ります。

ある日、男は火事の現場を目撃。自分には関係ないことだ、とその場を立ち去ろうとするのですが…(「余命3000文字」)。

また、胎児が外に出ようとせず、遂に妊娠6年目を迎えた母子。

病院で会った女の子に話しかけられた胎児は、母親にその女の子の様子をたずねます。

母の答えを聞き、胎児が取った行動とは(「出産拒否」)。

まとめ

突飛な発想でありながら、どれも見事な着地を見せる短編集。

1つ1つの世界観がしっかりとしていて、どれも読み応えがあります。

驚き、笑い、泣ける、多様で心に刺さる26の世界を楽しめる物語。

読後は「どの話がよかった?」と感想をシェアしたくなりますね。

<こんな人におすすめ>

奇想天外な発想の物語を読みたい
一冊の本で様々な感情やシチュエーションを味わいたい
どんでん返しのある話が好き

ぬこ
ぬこ

いやはや、設定も驚くが

ラストはもっとびっくり!!

妊娠6年目とか、衝撃的なラストだぜ。

のこ
のこ

26編、全てがどれも

しっかりとした世界観を持って

えがかれている短編集ね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング