新たな船出を迎えるなつめが向かう先とは

のこ
のこ

こちらは一人の女性が

菓子職人を目指す

『江戸菓子舗照月堂』シリーズ

第9弾よ。

ぬこ
ぬこ

母親がわりの了然尼が

倒れたんだろ?

なつめも心配だよな。

のこ
のこ

そうなの。そのこともあって

なつめは照月堂をやめることになるの。

ぬこ
ぬこ

ええっ!?やめちゃうの!?

なつめの菓子づくりはどうなって

しまうんだ!?

『宝の船 江戸菓子舗照月堂』  篠綾子 (著) 時代小説文庫

あらすじ

落合に寺を建てることになった了然尼に付き添うため、菓子舗松月堂を辞めることを決意したなつめ。

場所は変わっても菓子づくりは続けていく、と主・久兵衛に伝える。

精進を続ける松月堂だが、その菓子の価値に乗り、奪おうとする不穏な影がちらつく。

京都で修行を続けている安吉は、主の弟・長門が作り出した寒天菓子に驚き、その美味しさに誇りを感じていました。

長門の「江戸偵察」希望により、安吉と他2人の職人が伴い、江戸へ向かいます。

江戸の菓子を食べ歩いた彼らは、松月堂が作る「六菓仙」とは別の「新六菓仙」という菓子があることを知ります。

裏には菓子舗の大店がついており、氷川屋の婿となった菊蔵にも因縁のある相手だったのです。

「六菓仙」の価値を利用しようとする大店に対し、松月堂が取った対応とは。

まとめ

京都から気難しい天才菓子職人・長門一行がやってきて、彼らのプライドの高さに苦笑しつつ、感心してしまいます。

江戸に刺激を与えながら様々な情報を得て、江戸と京都のお菓子を切磋琢磨しながら互いに高めていく。

彼らのプロとしての志の高さに感じ入る物語です。

<こんな人におすすめ>

店を辞めたなつめのその後が気になる
『江戸菓子舗照月堂』シリーズを読んでいる
篠綾子のファン

ぬこ
ぬこ

ひとまずなつめなりのペースで

菓子づくりはしていくようで

ホッとしたぜ。

のこ
のこ

京都からやってきた長門一行の

動きや、これからの照月堂がどうなるかなど、

ますます目が離せないわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コミュトレ