サーカス団VS吸血鬼のサバイバルショー!?

のこ
のこ

こちらは人間のサーカス団と

吸血鬼との戦いを描いた

サバイバルゲームよ。

ぬこ
ぬこ

吸血鬼VS人間かあ。

吸血鬼って強そうだよな。

のこ
のこ

そうなの。圧倒的な身体能力と

回復力を持つ吸血鬼と対決する

サーカス団員たちの戦い振りに注目ね。

ぬこ
ぬこ

力の差がありすぎる相手に対して

どうやって戦っていくのか。

興味があるな。

『人外サーカス』  小林 泰三 (著) 角川ホラー文庫

あらすじ

インクレディブルサーカス団は、団員が減り、経営が苦しくなっていく中、残ったメンバーで頑張っていこうとしていた。

手品師・蘭堂は大脱出マジックの練習に励んでいたのだが、サーカス団は突然吸血鬼たちに襲われる。

圧倒的な身体能力と脅威の回復力を持つ吸血鬼たちに、サーカス団は対抗できるのか。

そして惨劇に隠された秘密とは。

手品師の蘭堂は、脱出マジックに失敗し、死にそうになったトラウマを抱えています。

次は成功させようと必死に練習し、周囲のメンバーは彼を心配しています。

そこへ突然吸血鬼が現れます。吸血鬼は、仲間を殺した人間が蘭堂だと思っているようで、攻撃を仕掛けてきます。

傷を負ってもすぐに回復し、空を飛ぶこともでき、動くスピードも人間の比ではない吸血鬼たち。

普通の人間であり、銃などの武器を持たないサーカス団員たちが取った戦法とは。

まとめ

空中ブランコ、オートバイ乗り、アクロバット、猛獣使いなど、それぞれが得意である能力をフル活用し、そのタイミングをはかり、時に満身創痍となりながらも戦っていく団員たち。

その知恵と勇気に拍手を送りたくなります。

そして最後に明かされる驚きの事実に思わず唸る、一気読み必至のアクションホラーです。

<こんな人におすすめ>

サーカス団員と吸血鬼の戦いを描いた話を読んでみたい
完全無欠な吸血鬼とどのように戦うのか知りたい
小林 泰三のファン

ぬこ
ぬこ

なんとびっくり!!

知恵と身体能力を出し切った

人間たちのすごさにひれふすぜ!!

のこ
のこ

彼らの全力以上の戦い振りも

さることながら、驚愕のラストにも

思わず唸ってしまうアクションホラーね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コミュトレ