「心で考える」こと、できていますか?

『「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン』

松浦弥太郎(著) 講談社

「BOOK」データベースより

「頭を使わず、心で考えてみましょう」。そうすれば、答えは見えてくるー。「自分らしさ」などちっぽけなことだと。「暮しの手帖」前編集長、クックパッドを経て、いま再び、新しい挑戦を始める人気エッセイスト最新作!

「心で考える」とは

「暮らしの手帳」編集長を9年間務めた著者が提案する、くらしと仕事を充実させるためのレッスン。

「心で考える」。しかし、それってどういうことなのか?頭で考えすぎるのではなく「感受性」と「想像力」と「愛情」。この3つがエンジンとなって心が動く。

しっかりと感じていますか。相手の状況や気持ちを想像することができますか。その結果の提案や行動には、相手への愛情が含まれていますか。

まとめ

「自分らしさ」にこだわらず、心で考えて行動すること。そうすれば答えは自然と見えてくるのです。

<こんな人におすすめ>

新しい発想が出ずに行き詰まり感を感じる
自分らしさって何?って思う人
「心で考える」って何?って思う人

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント