老人が空を指さした先には何があったのか

『天上の葦 上』   太田 愛 (著)  角川文庫

あらすじ

小さな興信所に奇妙な依頼が舞い込んだ。渋谷のスクランブル交差点で絶命した老人が最期に指差して見たものはなんだったのかを調べろ、というもの。所長の遣水と、調査員の修司は調査にかかる。一方、老人が命を堕とした日、一人の公安刑事が姿を消した。停職中の刑事、相馬は彼の捜索を命じられる。二つの事件に潜む、社会を震撼させる犯罪とは。

調査をはじめた遣水たちは何者かに狙われる

過去に因縁のある大物政治家からの依頼に、借金返済のために引き受けた遣水たち。渋谷の交差点で死んだ老人・正光秀雄の当日の動きや過去を調べはじめた彼らは、何者かに盗聴器を仕掛けられたり、捕まりそうになります。

一方、相馬は行方不明の山波の足跡を追う中で、別の公安刑事・半田が山波を見張っていたが、半田もまた姿を消したことを知ります。

まとめ

戦争を経験した老人と報道、公安と政治家がどのように繋がっていくのか。飄々としていながら抜け目のない遣水の行動から目が離せません。

<こんな人におすすめ>

公安とマスコミが絡むミステリーに興味がある
公安と興信所の人間の緊張感あるやりとりを描いた話を読みたい
太田 愛のファン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天上の葦 上 (角川文庫) [ 太田 愛 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2020/5/31時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント