無意識下の世界で起こる壮絶な闘い

のこ
のこ

夢の中に美しい女性が

現れたらどうする?

ぬこ
ぬこ

まあ 嬉しいよな。

とりあえず膝に乗ってみる。

のこ
のこ

…。

こちらは患者の夢の中に入り

治療する「夢探偵パプリカ」が

活躍するお話よ。

ぬこ
ぬこ

夢の中に入って

どんな風に治療するんだろう?

『パプリカ』  筒井 康隆 (著)   新潮文庫

あらすじ

精神医学研究所に勤める千葉敦子は、同僚の時田と並び、ノーベル賞候補と言われる研究者であり、サイコセラピスト。そして、彼女は他人の夢に侵入することができる「夢探偵パプリカ」と言う、もう一つの顔を持っていた。時田の開発した強力な精神治療機器「DCミニ」をめぐり争奪戦が繰り広げられるうち、夢と現実が交錯する。

混沌を極める精神世界での戦い

時田が開発した「DCミニ」は頭部などに装着し、人格を破壊することも可能な危険なもの。これが何者かによって盗まれ、研究所スタッフに精神の不調をきたした者が出はじめます。

敦子は所長に頼まれ、一度は封印したパプリカを出動させ、依頼者の夢に入り込み、地用を重ねつつ、DCミニの行方も調べます。そこに浮かんできたのは副理事長の存在でした。

DCミニを使いこなすこの男を相手に、パプリカによって回復した患者たちの力を借りて、意識と無意識が混在する世界で戦いを繰り広げます。

まとめ

美人サイコセラピスト・敦子は少々男性の願望を叶えすぎでは?という気もしますが(苦笑)。夢の世界の描写は圧巻です。こんな世界に放り込まれたら、とても正気ではいられないようなことを、混沌と整然のきわどいバランスで、スリル満点に描かれた物語です。

<こんな人におすすめ>

夢の中や精神世界を科学的に描いた物語に興味がある
無意識の世界がどんなものかのぞいてみたい
筒井 康隆のファン

ぬこ
ぬこ

うわ〜 こんな風に

世界が混ざっちゃうって恐ろしいな。

美人の膝どころじゃないぜ。

のこ
のこ

他人の夢の中をのぞいているような

ドキドキと、危険が迫るサスペンスが

味わえるSF小説ね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント