文字に込めた思いをインクに乗せて

ぬこ
ぬこ

「活版印刷三日月堂」シリーズは

泣けると評判だな!

のこ
のこ

そうね。大切な人や思いを

丁寧に描いているからかしら。

のこ
のこ

今回は、生後3日で亡くなった姉がいることを

知った少年のお話よ。

ぬこ
ぬこ

なるほど。それと活版印刷が

どう絡んでくるのか。興味深いな。

『活版印刷三日月堂: 海からの手紙』 ほしお さなえ (著) ポプラ文庫

あらすじ

小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えたお客がやってくる。店主の弓子が活字を拾い、心を込めて刷り上げるのは忘れていた記憶や言えなかった想い。心の奥に響く、4編の物語。

生後間もなく亡くなった姉の存在を知った広太

11歳の広太は、生まれて3日で死んだ姉がいることを知らされた。みたこともない姉の死が、自分の心の中で大きくなり、怖さや不安でいっぱいになる一方で、その悲しみを抱えて生きてきた父や母のために、死んだ姉の「ファースト名刺」を作ろうと思いつく。

まとめ

もどかしい思いや、どうにもならない現状を抱えた人たちが、その心の中をインクに乗せて出していくことで浄化し、未来へと目を向けていきます。温かい涙が流れる物語です。

<こんな人におすすめ>

心がじんわりと暖かくなるような話を読みたい
登場人物の成長が感じられるような話が好き
『活版印刷三日月堂』シリーズのファン

「活版印刷三日月堂シリーズ」はこちらからもご覧いただけます。

ぬこ
ぬこ

泣けるぅぅぅ

・゜・(つД`)・゜・

のこ
のこ

インクが染み込んでいくように

読者の心にもじんわりと沁みていく

物語ね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント