あなたに会えて、よかった。

のこ
のこ

沖縄に行ったことはある?

ぬこ
ぬこ

ない!

けど海もきれいだろうし、年中あったかいから

猫には暮らしやすいだろうな〜(*´ー`*)

のこ
のこ

こちらは沖縄の思い出の地を

母親と一緒に巡る青年のお話よ。

美しい景色と家族の絆を描いているの。

ぬこ
ぬこ

神聖な場所もたくさんありそうだしな。

神様が住む場所なのかもしれないな。

『アンマーとぼくら』   有川 ひろ (著)  講談社文庫

あらすじ

久しぶりに沖縄へ里帰りしたリョウ。実の母はリョウが小学生のときに亡くなり、父親の再婚とともに沖縄へと移り住んだ。

カメラマンだった父も亡くなり、沖縄で一人暮らしをする母親と、三日間の休暇中、家族の思い出の場所を巡る。

そこでリョウは不思議な感覚にとらわれる。三日目が終わったとき、一体何が起こるのか。

母と思い出の地を巡るリョウが目にしたものとは

休暇を取って沖縄へと里帰りしたリョウ。

沖縄でガイドをつとめる母のリクエストで、三日間沖縄の各地を巡ることに。

生みの母が病気で亡くなって一年、突然父親に沖縄に連れてこられて、「おまえの母親になる人」と紹介されたこと。

感情の向くまま行動する、子供のような父親。

実の母を思う気持ちと、今の母親に対する思い。

様々なことを思いながら、雄大な自然と時に厳かな顔を見せる沖縄の地で、リョウは何と子供の頃の自分に遭遇するのです。

いったい自分に何が起こっているのか…。

まとめ

家族の絆が、美しい沖縄の景色を背景に描かれています。

父と子、父と母。

それぞれが衝突したり、それぞれすれ違ったりしながらも互いを思い合っています。

母の愛は沖縄の海のように広く深く息子を包んでくれるのです。感動の余韻が長く続く物語。

<こんな人におすすめ>

沖縄の雄大な自然と神秘的な姿を描いた話を読んでみたい
スピリチュアルで感動的な話が好き
有川 ひろのファン

ぬこ
ぬこ

涙なくしては読めないぃぃ・゜・(つД`)・゜・

のこ
のこ

家族であることの喜びと大切に思う気持ちに

満ち溢れた物語よね。その愛を包み込むような

沖縄の自然の姿にも感動してしまうわ。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント