650万円で請け負う「プロのお仕事」

『殺し屋、やってます。』 石持 浅海 (著) 文春文庫

あらすじ

中小企業を顧客に持つコンサルティング会社を経営する富澤允。彼には友人でもある塚原から受けるもう一つの仕事があった。それは依頼を受けた人物を確実に「殺す」こと。対象者を調べ、問題がなければプロとして完璧に仕事を遂行する富澤だが、ターゲットの行動が気になり、推理を働かせる。

殺し屋が対象者の謎を推理する!?

コンサルティングを経営する富澤は、650万円で「殺し」を請け負うプロの殺し屋でもある。ターゲットの尾行をしていると、帰宅後に公園へ出かけ、持っていた水筒の中身を捨てる、という行為を何回もしていた、水筒の中には何が入っていたのか。無事にタスクを完了した後、連絡係であり友人でもある塚原とともに、ビールを片手に推理をめぐらせます。

まとめ

一度引き受ければ確実に仕留める富澤。しかし、断るパターンもあったり、富澤とは一切やりとりのない、塚原の先にいる連絡係の人間にスポットを当てるなど、短編集でありながら構成にもメリハリがあり、読者を最後まで惹きつけます。殺し屋の鋭い推理が斬新なミステリーです。

こんな人におすすめ

殺し屋が謎を解くミステリーを読んでみたい
殺し屋の仕事ぶりに興味がある
石持 浅海のファン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺し屋、やってます。 (文春文庫) [ 石持 浅海 ]
価格:803円(税込、送料無料) (2020/3/22時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント