オクトーバーフェストで事件発生!?ビール職人の推理とは

『ビール職人のレシピと推理』

エリー・アレグザンダー (著)   創元推理文庫

あらすじ

アメリカの小さな町、レブンワースではビールのお祭り。オクトーバーフェストの開催が迫っていた。ビール職人のスローンは新作のビールの開発に取り組んでいた。そんな中、ビールをテーマにしたドキュメンタリー映画の撮影隊が町にやってきた。ところがフェスタの前日、映画関係者が死体となって発見される。

オクトーバーフェストと映画撮影隊で町中が賑わう

優れた舌とビール醸造の腕を持つスローンは、夫と別居中。小さなブルワリー「ニトロ」でビールやフードのメニュー開発などに精を出しています。

町が賑わいを見せるオクトーバーフェストに合わせ、ドキュメンタリー映画の撮影隊がやってきましたが、出演者である俳優・ミッチェルがフェストの前日に死体となって発見されます。

彼らの周囲をさりげなく調べるスローンですが、不穏な行動をする者たちが現れて…。

まとめ

新作、チェリー・バイツェンのできあがる様子、それに合わせたスペシャルメニュー。味と香りが漂ってきそうなビールとフードに思わず喉が鳴ります。

賑やかなフェストの町の様子、強くて美しいけれども、時に弱さを見せるスローンの魅力と活躍ぶりが光るミステリーです。

<こんな人におすすめ>

ビールの製造方法や、ビールに合うつまみに興味がある
小さな町で頑張る女性が活躍するミステリーを読んでみたい
エリー・アレグザンダーのファン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビール職人のレシピと推理 (創元推理文庫) [ エリー・アレグザンダー ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/6/15時点)

楽天で購入

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント