食べてみたいな 江戸の味

『やなりいなり』  畠中 恵 (著)  新潮文庫

あらすじ

病弱な若だんなと妖たちが江戸の町で活躍する「しゃばけ」シリーズ第10弾。恋をめぐる不思議な騒動、藤兵衛旦那の行方不明などを描く5つの物語。

おいなりさんを食べる幽霊!?

狐の姿をした妖、守狐が作る、細長いおいなり「やなりいなり」。皆で食べていると幽霊がやってきて、やなりいなりを食べようとする。この幽霊の正体は?

まとめ

妖に囲まれて暮らしている若だんなは幽霊が出ても冷静に、そして優しく対処します。

江戸時代の医療や薬の事情も垣間見える本作品。楽ではない庶民の暮らしぶりと、若だんなの苦労のない暮らし(病弱ですが)の楽さにため息が出ます。

しかし、鳴家たちが愛嬌ある行動と言葉で場を明るくしてくれるのです。鳴家、いい仕事してます。それぞれの立場で大事な者を守ることは、いつの時代も変わらないのです。

<こんな人におすすめ>

江戸時代の神様はどんな風に扱われていたのか興味がある
江戸時代の料理に興味がある
「しゃばけ」シリーズのファン

2017年にはミュージカルも。

歌あり、人情あり!ミュージカル「しゃばけ」公開ゲネプロをチラッと見せ | エンタステージ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やなりいなり (新潮文庫 新潮文庫) [ 畠中 恵 ]
価格:649円(税込、送料無料) (2020/6/10時点)

楽天で購入

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント