共感覚を持つダニエルの見え方・生き方。

のこ
のこ

数字に色がついていたり、

動いて見えるようなことはある?

ぬこ
ぬこ

え なにそれ(゚ロ゚)

どゆこと??

のこ
のこ

「共感覚」の持ち主はそのように

見えることがあるようよ。

こちらはそんな「共感覚」を持つ

ダニエルの生き方を描いたお話よ。

ぬこ
ぬこ

どんな感覚で暮らしているのかな。

『ぼくには数字が風景に見える』 

ダニエル・タメット (著), 古屋美登里 (翻訳)  講談社文庫

概要

ダニエルには数字が感情、動きを持つように見える。共感覚を持つ彼は円周率2万桁を暗唱し、10の言語を操ることができる。そしてアスペルガー症候群、自閉症スペクトラム障害でもある。皆と違う自分に悩んだ彼がたどり着いた生き方とは。

数学や言語の習得に天才的な才能を発揮するダニエル・タメットの、子供の頃から現在までを綴った手記。

ダニエルは環境に敏感である一方、他人の感情を全く理解できませんでした。両親は彼をあたたかく見守ってくれましたが、学校ではいつもひとりぼっち。いじめられもしました。しかし卒業後、ボランティアで向かったリトアニアで、語学力の才能があることを周囲に認められます。良いパートナーも得たダニエルは、自信を持ちはじめます。

まとめ

ダニエルにとってこの世界はとても生きづらい場所だったのかもしれません。しかし、周囲への感謝を忘れず、努力を続けたことで、世界は彼に手を差し伸べたのです。

<こんな人におすすめ>

サヴァン症候群の天才ぶりに興味がある
アスペルガー症候群の彼がどのような少年時代を過ごしたかを知りたい
言語と数学の天才が見える世界はどんなものかを知りたい

ぬこ
ぬこ

周りからの理解が得られないのは辛い(TдT)

のこ
のこ

そうね。それでも感謝の気持ちを

持って生き続けてきたダニエルだから

今の幸せを手に入れることができたのかも

しれないわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント