ロックな平刑事が国家の闇に挑む

のこ
のこ

こちらは平刑事が巨大な存在が

背後に潜む事件の捜査に取り組む

お話よ。

ぬこ
ぬこ

かっこいいな!

でも警察で一匹オオカミって

相当大変そうだ。

のこ
のこ

そうね。本来ならば二人一組で

捜査に当たるのだけど、部外者の

協力を得たりしながら一人で

行動することが多いの。

ぬこ
ぬこ

それでも在籍していられるって

ことは、それなりの実力の

持ち主だからなんだろうな。

お手並み拝見と行きますか。

『巡査長 真行寺弘道』  榎本憲男 (著) 中公文庫

あらすじ

警視庁刑事部捜査一課の真行寺は五十三歳のベテラン刑事。ある事件の操作中に、凄腕のハッカー・黒木と親しくなる。続けて起こった議員変死事件で背後に巨大な組織の存在を感じ取り、黒木の力を借りて真相に迫ろうとする真行寺だが…。

ハッカー・黒木の力を借りて単独捜査をする真行寺

オーディオマニアの真行寺は、部品を買いに行った際、自称ハッカーの黒木と出会います。誘われるままに黒木の住まいへ向かい、彼の作ったスピーカーの音に打ちのめされます。そしてコンピューターに詳しい黒木に助言してもらい、介護施設で起きた事件は解決。

続いて議員がホテルでなくなる事件が発生。ハニートラップを仕掛けられたようですが、背後に大きな存在が潜んでいることを感じ取った真行寺は、黒木の手を借りて、単独捜査を開始します。

まとめ

平刑事である真行寺は。己の埃を守るため昇進を選ばず、現場でひたすら動き回ります。真相に近づくためには、違法行為も厭わないなど、ぶっ飛んだところもありますが、音楽を愛し、仕事を愛するロックな男です。人間味あふれる彼が、鋭い洞察力と直感力で事件に挑む、一気読み必至の物語です。

<こんな人におすすめ>

平刑事が巨大組織を相手に事件に挑む小説を読んでみたい
国家を揺るがすような陰謀みついて興味がある
榎本憲男のファン

ぬこ
ぬこ

おお!これは以前紹介した

「DASPA 吉良大介」と

繋がってるじゃないか!!

のこ
のこ

そうなの。

立場の違う男たちが、大きな権力を

相手にそれぞれのやり方で戦う姿が

かっこいいわよね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント